クロノセル 副作用

クロノセルは、有効成分「ヒト幹細胞エキス」「3つの保湿成分」「EC12」で年齢肌ケアをします。

その他天然植物系エキスなどでも、お肌を整えてくれると話題です。

お肌の成長因子に働きかける成分配合でお肌悩みのもとにアプローチします。

そこで今回は、クロノセルの有効成分「ヒト幹細胞エキス」と「ヒトオリゴペプチド」「グリチルリチン酸2k」について副作用がないのか調べてみました。

クロノセルに副作用はないの?

結論から言いますと

クロノセルに副作用が起きる可能性は極めて低いです。

その理由は3つ、主成分の安全性について

  1. ヒト幹細胞エキス
    ・厚生労働省の基準が定められており、その管理体制の中で製造されている。
  2. ヒトオリゴペプチド
    ・やけどや床ずれ治療などにも使われており、細胞に取り込まれて飽和量を超えると「それ以上取り込まれない副作用のない、安全な成分。」
  3. グリチルリチン酸2k
    経口摂取するわけではないので、全く問題ありません。

 

yui

クロノセルに含まれている主要成分について全て調べてみましたが、問題のない良い有効成分であることがわかりました。

クロノセルの代表成分についてそれぞれ詳しく説明します。

1. ヒト幹細胞エキスの副作用は?

再生医療の場合、増殖させた幹細胞を再び体内へ戻すことになりますが、幹細胞培養液は増殖させた幹細胞ではなく培養液の方を使っているのです。

細胞を活性化させているだけなので、副作用はほとんど考えられないのです。

幹細胞培養液が提供される場合は幹細胞片が残っていないよう、精製作業が行われています。

この精製に関しては厚生労働省が基準を定めており、その管理体制の中で行っていくため、副作用が起きる心配はないでしょう。

引用元:グランプロクリニック銀座

2. ヒトオリゴペプチドの副作用は?

アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士が発見し、1986年ノーベル生物物理学賞を受賞。

ノーベル賞を受賞した25年以上前、医療分野で発売された成分です。

当初は1g=8000万円もする非常に高価な成分であった。

アメリカの女性を対象とした臨床試験(60日間)では、すべての人にEGF塗布による新生細胞の増加が認められ、平均で288%、歳代872%の増加率を示した。

オリゴペプチド(EGF)は、やけどやと床ずれ治療などの再生医療の分野で幅広く活躍している成分。

細胞に取り込まれて飽和量を超えると、それ以上取り込まれない副作用のない、安全な成分である。

これらの結果から、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

引用先:ソラリス淀屋橋クリニック

3. グリチルリチン酸ジカリウムの副作用は?

グリチルリチン酸ジカリウムは、もともと漢方の原料としても知られる甘草の根に含まれている成分です。

抗炎症作用がある医薬品にも使われている成分です。

抗アレルギー薬、風邪薬などに広く用いられています。

なので、赤ニキビのように炎症を伴うニキビの症状緩和に一定の効果を持っています。

ただし、1日の摂取量が40mgを超過すると、偽アルドステロン症という症状をきたす可能性があると言われています。

化粧品の場合は配合量が少なく、経口摂取するわけではないので、全く問題ありません。

引用元:ニキビ研究所

とめ

クロノセル 成分

クロノセルの主成分の副作用について調べてきました。

  1. ヒト幹細胞エキス
    ・厚生労働省の基準が定められており、その管理体制の中で製造されている。
  2. ヒトオリゴペプチド
    ・やけどや床ずれ治療などにも使われ、細胞に取り込まれて飽和量を超えると、それ以上取り込まれない副作用のない、安全な成分。
  3. グリチルリチン酸2k
    ・経口摂取するわけではないので、全く問題ありません。

    クロノセルは化粧品として使用する上で、副作用のない安全な化粧品であることがわかりました。

    これなら安心して毎日クロノセルでお肌ケアができそうですね。

    矢印

    クロノセルの口コミとレビュー
    クロノセルの公式サイトはこちら

    全成分

    【全成分】
    水、グリセリン、エタノール、BG、ヒト線維芽細胞順化培養液、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、ヒト骨髄幹細胞順化培養液、ヒトオリゴペプチドー1、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー31、ヒトオリゴペプチドー13、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー81、ハイドロキノン、エンテロコッカスフェカリス、グリチルリチン酸2K、アスコルビルリン酸Na、スイゼンジノリ多糖体、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、キュウリ果実エキス、アロエベラ葉エキス、オタネニンジン根エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、トレハロース、サリチロイルオクタペプチド-9、アゼラオイルトリペプチドー1、アラントイン、ピリドキシンHCl、スクロース、PPG-デシルテトラデセスー30、テトラヒドロピペリン、1,2ーヘキサンジオール、ポリソルベート80、水添レシチン、EDTAー2Na、フェノキシエタノール、キサンタンガム、カラギーナン、キトサンラウラミドヒドロキシプロピルスルホン酸Na