クロノセル 顎ニキビ

クロノセルは、年齢肌対策の美容液です。

モンドセレクション金賞受賞と人気の商品。

今回は顎ニキビについて調べてみました。

顎は顔でも目立つところなので、顎ニキビが出来てしまうと特に気になりますよね。

顎の下は目立つし触りやすいので、ついつい触ってしまって長引いてしまうこともあります。

まずはその顎ニキビに注目して色々と調べてみました。

この記事でわかること

  • 顎ニキビの原因と予防
  • 顎ニキビ予防の環境作り
  • 有効成分の働き

結論から言ってしまうと

しっかり保湿して過剰な皮脂の分泌を防ぐことです。

まずは、顎ニキビができてしまう理由から良い環境作りを調べてみました

顎ニキビができる大きな理由とは?

クロノセル 顎ニキビ

ニキビできてしまう理由はたくさんあります。

  • 洗顔のとき強く擦りすぎない
  • ニキビケアは保湿が大切
  • メイクや日焼け止めはしっかり落とす
  • 脂っこい食事を避ける
  • 睡眠時間を十分にとる
  • ストレスを減らす

など色々な原因が考えられます。

それぞれニキビを予防するために大切なことですが

その中で今回は、顎ニキビのできてしまう原因について説明します。

顎ニキビはなぜできるの?

yui

ニキビので来てしまう場所でも「顎ニキビ」は顔の一番目立つところにあってとっても気になりますよね><

顎ニキビの出来てしまう原因は大きく3つあります。

それぞれ詳しく説明します。

1. 皮脂の詰まり

顎は汗腺が少なく水分補充が少なくなりがちなので乾燥しやすい場所です。

水分の蒸発を防ぐためには油分である皮脂を分泌させて水分の蒸発を防ごうとする働きがあります。

顎の周りは皮脂腺が多くあるため皮脂の水分不足を防ごうとと皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

その悪循環によって皮脂が毛穴に詰まりやすく顎は、ニキビの出来やすい場所になってしまいます。

2. 過剰な洗顔で必要な皮脂まで落とす

ニキビを作らない環境として洗顔はとっても大切です。

しかし、洗いすぎて必要な皮脂を落としすぎるのも良くありません。

特に顎は乾燥しやすい場所なので、皮脂を取りすぎると乾燥がひどくなって乾燥がひどくなってしまいます。

結果、乾燥を防ごうと過剰な皮脂が分泌されて毛穴が詰まりやすくなるという悪循環が起きてしまいます。

また、顎は手で触ってしまいやすく雑菌や汚れで炎症が悪化してしまうことも多いので注意が必要です。

3. 生理前のホルモンバランス

顎ニキビの大きな原因の1つがホルモンバランスの乱れです。

思春期のホルモンバランスの乱れよりも、大人になってからは睡眠不足やストレスによって顎ニキビができやすくなっています。

特に女性は生理があってホルモンバランスが乱れによって皮脂分泌を活発にしてしまう働きがあります。

クロノセルを使って顎ニキビの出来ない環境作り

顎ニキビの原因はそれぞれ

  • 皮脂の詰まり ➡ 汗腺が少なく乾燥して皮脂が過剰分泌
  • 過剰な洗顔で必要な皮脂まで落とす ➡ 必要な皮脂を落としすぎて過剰に皮脂が分泌
  • 生理前のホルモンバランス ➡ ホルモンバランスの崩れによって過剰な皮脂が分泌

全て「過剰な皮脂が分泌」が原因によることで顎ニキビが出来てしまっています。

クロノセルの成分で顎ニキビ予防

そこで顎ニキビを予防するために大切なことは

  1. 「皮脂を落としすぎないで洗顔すること」
  2. 「ストレス発散や睡眠不足」を解消して顎ニキビを作らない環境作り
  3. 「しっかりと保湿すること」

    それぞれ詳しく説明します。

    1. 皮脂を落としすぎないで洗顔すること

    1

    顎ニキビ予防に必要なことはしっかりと汚れを落とすことです。

    洗顔フォームでゴシゴシ洗いたくなりますよね><

    しかし、そこは我慢して必要以上に擦らないようにします。

    コツは、洗顔料をしっかり泡立ててから洗います。

    きめ細かい泡は、毛穴の奥まで入り込んでしっかり汚れを吸着して汚れを浮き上がらせます。

    吸着泥が配合された洗顔がおすすめです。

    2. 「ストレス発散や睡眠不足」を解消して顎ニキビを作らない環境作り

    ストレスを受けるとホルモンバランスが崩れて顎ニキビが出来やすくなってしまいます。

    ストレスはお肌の最大の敵と言いますが、現代社会においてストレスがない生活は厳しいと思います。

    ストレスの種類にはエアコンや紫外線によるストレス、睡眠不足からのストレスも挙げられます。

    日々の仕事や人間関係などの社会的なストレスもあり大変です。

    ストレスを受けると「ホルモンバランスが崩れ」同じく過剰な皮脂分泌を促して顎ニキビの原因になってしまいます。

    3. しっかりと保湿すること

    2

    顎ニキビを作らないために一番大切なことは、「しっかり保湿して過剰な皮脂分泌を防ぐ」ことです。

    肌の表面は水分の上に油分があり、その油分(皮脂)が水分の蒸発を防いでいます。

    肌が乾燥してしまうと、乾燥を防ぐために皮脂が余計に分泌されてしまいます。

    皮脂が多くなりすぎてしまうと、汚れやいらなくなった角質と一緒に毛穴に詰まってしまいます。

    結果、顎ニキビが出来やすい環境になってしまいます。

    1. 肌が乾燥する
      矢印
    2. 乾燥を防ごうと過剰な皮脂が分泌
      矢印
    3. 余分な皮脂で毛穴が詰まる
      矢印
    4. ニキビが出来やすい環境になってしまう

    この悪循環を防ぐために出来ることの1つとして「しっかり保湿する」ことがとっても大事になってきます。

    しっかりと保湿することによって余計な皮脂の分泌を防いでニキビ予防ができます。

    クロノセルの保湿成分の働き

    クロノセルの高保湿成分は7種類あり内と外の両方からアプローチしてくれます。

    保湿効果に特化した成分

    1. 3つの保湿成分
    2. ヒアルロン酸Na(柔軟)成分

    の働きをそれぞれ説明します。

    ❶3つの保湿成分

    クロノセルの主要成分の3つの保湿成分。

    お肌の内側と外側の両方から年齢肌に働きかけてくれます。

    3つの保湿成分の力で「くすみ・潤いツヤ・ハリ弾力」にアプローチします。

    3つの保湿成分

    • ヒトオリゴペプチド-1 くすみ
    • ヒトオリゴペプチド-13 潤いツヤ
    • 合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31 ハリ弾力

    ❹ヒアルロン酸

    保湿力に優れ肌のハリや弾力を生み出す粘弾性がある成分。

    ゼリー状で1グラムあたり6リットルもの水分を保持する保湿力がある。

    水に溶けやすく、高い保湿力を持っている上に、油分とは違うしっとりとした質感を引き出すことができます。

    肌なじみが良く、角質層の水分量を高めながら、しっとり感やなめらか感を感じさせる保護膜をつくってくれます。

    ヒアルロン酸の特徴

    • お肌をしっかり保湿
    • ハリと弾力をアップ
    • バリア機能アップ

    しっかり保湿することによって毛穴もやわらかくなり詰まりにくくなります。

    まとめ

    クロノセル 成分

    ニキビ跡の原因から顎ニキビの出来る理由をピックアップしてみました。

    クロノセルの配合成分によって3つの予防をしてくれて

    顎ニキビ跡の予防

    1. 「皮脂を落としすぎないで洗顔すること」
    2. 「ストレス発散や睡眠不足」を解消して顎ニキビを作らない環境作り
    3. 「しっかりと保湿すること」

    がわかりました。

    そのすべては乾燥による過剰な皮脂分泌による毛穴詰まりが原因であることがわかりました。

    顎ニキビを防ぐために一番大切なこと

    1. 過剰な皮脂分泌による毛穴詰まり ➡ 保湿して過剰な皮脂分泌を防ぐ

    このように、顎ニキビの原因を知った上で顎ニキビ跡を作らないための環境作りがわかりました。

    お肌にとって乾燥を防ぐことが大切ということでした。

    クロノセルの保湿成分の力で顎ニキビケアもしっかりできそうですね。

    矢印

    クロノセルの口コミとレビュー
    クロノセルの公式サイトはこちら